Return to site

【4/9開催】G20サミット・大阪に向けて~グローバルな市民社会からの提起

G20サミット・大阪に向けて~グローバルな市民社会からの提起

photo:http://underclassrising.net/

G20 サミット(金融・世界経済に関する首脳会合)が2019年6月28日、29 日に大阪で開催されます。

先進国と大きな新興国で構成され、リーマン・ショックを契機に閣僚会議から首脳会議に『格上げ』されたG20。あくまで議論の場という位置づけですが、参加していない途上国や新興国、そしてそれらの国々を含む人びとの声はなかなか届きません。暮らしに関わる重要な課題が、一部の国々のトップだけで議論される状況に、市民社会はどのように向き合えばいいのでしょうか。

またグローバルな課題を解決するためには、誰がどのようにルールや政策を決めるべきなのでしょうか。この連続講座では、国際市民社会や各国の運動の視点から、G20 の意味を改めて問い直し、世界と私たちのつながりを考えます。

************************************************************

<第1回>誰が世界に貧困・格差を作りだしているのか!?

途上国だけでなく、先進国においても貧困や格差は広がっています。経済のグローバリゼーションがもたらした結果と言われますが、実際には誰がどのように政策やルールを決めてきたのでしょうか? 途上国や各国の市民、貧困層の視点から、G20 という場を根本的に問い直すと同時に、日本の政策そして社会運動のあり方を考えます。

■日時:2019年4月9日(火)19:00~21:00

■会場:PARC自由学校 2F 教室(東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル )

■参加費:500 円(2019 G20サミット市民社会プラットフォーム参加団体・学生は無料)

■スピーカー

 ◆松本 哉(素人の乱5 号店 代表)

 ◆稲場雅紀(C20 市民社会プラットフォーム共同事務局 ディレクター)

<第2回>「デジタル経済」は社会問題解決の万能薬か?

G20 サミットでの最大のハイライトは「デジタル経済」の推進と言われています。デジタル経済をめぐる議論は、分野や領域が広く、また技術的な側面も大きいため、市民がなかなか参画できません。しかしAI と雇用や、facebook の個人情報流出問題、ネット決済や「シェアリング・エコノミー」など、実は私たちの生活にも大きな影響を及ぼします。この回では、政府や企業が推進する「デジタル経済」に対し、市民社会からの批判と提言を行ないます。

■日時:2019年5月28日(火)19:00~20:50

■会場:連合会館 2F 201会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)

■参加費:500 円(2019 G20サミット市民社会プラットフォーム参加団体・学生は無料)

■スピーカー

 ◆川上資人(弁護士/日本労働弁護団常任幹事・同事務局次長/交通の安全と労働を考える市民会議/東京共同法律事務所)

 ◆寺中 誠(東京経済大学 客員教授)

 ◆内田聖子(PARC 共同代表)

********************************************

◆主催・お問合せ◆

NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)

東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F

TEL.03-5209-3455

E-mail :office@parc-jp.org

********************************************

■協力:

2019 G20サミット市民社会プラットフォーム

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK